『シャアの日常』

林田力

本田雅也脚本、南北作画『シャアの日常』(カドカワコミックス)はアニメ『機動戦士ガンダム』の最も有名なキャラクターと言っていいシャア・アズナブルを主人公としたギャグ漫画である。シャアは記憶を失い、何故か現代日本のアパートで生活している。シリアスなキャラクターであるシャアと日常生活のギャップが笑いを誘う。シャアの名台詞が日常生活の中で話されることにニヤリとさせられる。

『機動戦士ガンダム』においてシャアは完全に主役を食っている。主人公のアムロ・レイは平凡な少年が戦場という非日常で活躍するという視聴者が感情移入できるヒーローの素質があった。ところが、アムロが属する地球連邦は腐敗した強権的な官僚機構が幅を利かせる、どうしようもない組織であった。結果として腐った連邦を利することにしかならないアムロの戦いに感情移入しにくい。連邦よりもジオンを応援したくなることは自然な流れである。勿論、ジオンにも問題がある。そこでもザビ家への復讐を目指すシャアに感情移入できる。

本書にはシャアの他にもガンダムのキャラクターが出てくる。ガルマは、いい味を出している。『機動戦士ガンダム』では、すぐに退場したキャラクターであるが、シャアとは士官学校の同期である。良くも悪くも関係の深さを感じさせた。

一方でセイラやドズルの存在は残念である。原作とは全く異なる性格になっているためである。原作キャラを日常に置くギャップが面白い。別のキャラクターにしてしまったならば、その味わいがなくなる。SDガンダムの「ぷっつんカミーユ」のように原作キャラの性格を崩すことで笑いが生まれる作品もあるが、本書は原作そのもののキャラクターが現代日本で日常生活を営むところが笑いどころになるのではないだろうか。




林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook