『機動戦士ガンダム アグレッサー 3』連邦のゲス

林田力

万乗大智『機動戦士ガンダム アグレッサー 3』(少年サンデーコミックススペシャル)は地球連邦軍のゲスさが描かれる。連邦は民間の子どもを拉致してモビルスーツのパイロットとし、実験台としていた。連邦は北朝鮮のような国家である。マンションだまし売りの東急不動産や住環境破壊のFJネクストを連想した。

一年戦争は当初優勢だったジオンを連邦が逆転した戦争である。そこには相当な無理があっただろう。民間の子ども拉致という設定は現実感がある。連邦の勝利は人類の幸福を約束しない。

秘密実験に携わる軍人もゲスな性格をしている。このゲスな部隊はレビル将軍配下と主張している。レビル将軍は腐敗した連邦の中で比較的まともな軍人と描かれがちであったが、騙されてはいけない。連邦は根本的な欠陥を抱えている。

宇宙世紀ガンダムシリーズにおいて、連邦は主人公サイドとなることが多いが、腐敗した体質であり、敵側であるジオンに感情移入するファンも多い。その中でも本書の連邦のゲスさは突出している。連邦という組織のどうしようもなさを巧みに描いた。主人公サイドということで連邦をかっこいいと思っている人がいるならばナイーブである。

林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 ルサンク 慶応大学 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook

林田力『FJネクスト迷惑電話』