『機動戦士ガンダム サンダーボルト 7』連邦の野蛮

林田力

太田垣康男著、矢立肇、富野由悠季 (企画・原案)『機動戦士ガンダム サンダーボルト 7』(ビッグコミックススペシャル、2015年)は地球連邦軍と南洋同盟の戦闘がメインである。南洋同盟は地球連邦の自治地域である。その空域に連邦軍が侵入したことで戦闘になる。

連邦が主人公サイドで、南洋同盟は怪しげな敵サイドであるが、連邦軍は高圧的で野蛮である。南洋同盟側が侵入した連邦軍を攻撃することは自然である。連邦への反感はスペースノイドだけでなく、地球上の住民が抱いても不思議ではない。宇宙世紀ガンダムシリーズで描かれてきた連邦の腐敗に具体的な事実が一つ加わった。

南洋同盟側の指揮官は主人公にとって意外な懐かしい人物であった。主人公達の所属は連邦軍であるが、それ以前にムーア同胞団という地域性の強い部隊であった。南洋同盟のような形で連邦から自立する方向が実は望ましいのではないか。

宇宙世紀ガンダムシリーズの一つのテーマはニュータイプである。ニュータイプは人類の新たな可能性を感じさせるものである一方で、戦争に利用される悲しい存在であった。本書ではニュータイプ能力がカルト教団に利用される。ガンダムシリーズの中では新鮮であるが、考えてみれば十分に可能性がある。現実社会のオウム真理教事件後の作品ならではの設定である。私達はオウム真理教事件を忘れてはいけない。


林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 ルサンク 慶応大学 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook

林田力『FJネクスト迷惑電話』