『義風堂々!!直江兼続 前田慶次花語り 5』

林田力

出口真人著、原哲夫・堀江信彦原作『義風堂々!!直江兼続 前田慶次花語り 5』は前田利家没後の石田三成襲撃事件を描く。豊臣恩顧の大名の武断派と文治派の対立である。加藤清正、福島正則ら七将が石田三成を襲撃し、石田三成は徳川家康の屋敷に逃げ込み、失脚した。

本書は直江兼続を主人公とし、西軍の視点に立つために上記とは異なる描き方をする。石田三成は襲撃に醜態をさらしていない。逆に彼らの行動を読み、反撃に出た。二流三流の武将と描かれがちな西軍の宇喜多秀家や毛利輝元も、本書では深みのある人物になっている。それが歴史の真実であるかは別として、本書のような描き方があってもよい。西軍の武将の無能や優柔不断さは勝者の歴史によって作られたものかもしれない。

豊臣政権の家臣の対立は有名であるが、武断派と文治派という分け方には違和感がある。武断派と文治派の命名では脳味噌筋肉・体育会系の武断派よりも文治派の方が正しいように感じてしまう。

しかし、実態は現場派と官僚派の対立ではないか。石田三成には石田三成の義があるとしても、現場から見ると無意味無駄で嫌がらせとしか思えないことがある。机上で考えた全体最適が現場の部分最適を破壊することはある。それに対する反発は理解できる。

本書は石田三成を持ち上げているが、一般の歴史解釈とは異なる要素で三成が爆弾を抱えていたと描く。一般の歴史解釈では焦る石田三成、余裕の徳川家康というイメージである。働き盛りの三成と老い先短い家康という年齢差を考えれば、これは不思議である。本書で描かれたような爆弾を三成が抱えていたならば焦る三成というイメージと整合する。




林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 ルサンク 慶応大学 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook

林田力『FJネクスト迷惑電話』