『チェーザレ〜破壊の創造者〜』

林田力

惣領冬実『チェーザレ〜破壊の創造者〜』はルネサンス期イタリアの英雄チェーザレ・ボルジアを描く歴史漫画である。週刊モーニングで連載している。

物語はピサのサピエンツァ大学の学生時代から始まる。チェーザレは冷酷非道と評され、マキャベリが君主の手本とした人物として知られている。しかし、少なくとも第1巻時点では人間味あり、公正な人物として描かれている。

本書はアンジェロ・ダ・カノッサというフィレンチェ閥の学生が視点人物になっている。当時の大学は各国から学生が集まる国際色豊かなものであったが、学生はフィレンチェ、フランス、スペインなど出身国毎に学生団を作り、まとまっていた。フィレンチェ閥のアンジェロがスペイン閥のチェーザレと仲良くなるところにチェーザレの懐深さがある。

ルネサンス期のイタリアの歴史は、あまり日本人には知られていない。そのために日本人に分かりやすい物語にしようとすれば説明だらけになってしまう。この点、本書は工夫している。アンジェロは芸術家肌で世情に疎いという設定である。他のキャラクターが当時の社会・政治情勢をアンジェロに説明することで読者への説明にもなる。

学生団は有力者の子弟がボスになり、取り巻きがいる。現代日本の学園もののスクールカーストと変わらない。フィレンチェの学生団のボスはジョヴァンニ・デ・メディチである。このジョバンニの外観は、いかにも性格の悪そうなボンボン風である。アンジェロは天然とはいえ、ジョバンニを怒らせても仕方がないことをしている。実際にジョバンニは意趣返しをしているが、その後もアンジェロを食事会に呼ぶなど意外と公正な姿勢である。現代学園ドラマの小物悪役と異なり、後にローマ教皇になる歴史上の人物だけあって度量を備えている。


林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook




Yahoo!検索