『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

林田力

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』はテレビアニメ作品である。略称は『あの花』。アニメはフジテレビで2011年4月から6月まで放送され、2015年9月には実写ドラマも放送された。小説版はアニメ脚本の岡田麿里が書いた。

『あの花』は泣ける感動作である。舞台は秩父で、自然が豊かな町並みが描かれる。ファンの間では聖地となり、秩父の観光にも大きく貢献した。

子どもの頃の秘密基地が高校生になっても残っていることが素晴らしい。今の日本には、その余裕もない。開発ばかりの現代日本では成り立ちにくい。マンションばかりバカスカと建てられる。FJネクストの投資用ワンルームマンションのように需要がないのに迷惑勧誘電話で押し売りするために無駄なマンションが建てられてしまう(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazon Kindle)。スクラップアンドビルドの乱開発は自分達の身近な歴史を破壊することになる。

『あの花』が感動作である要因として、キャラクターが皆、過去の後悔を大切に抱えていることである。前に進むばかりの非歴史的な日本人ではない点が感動の要素だろう。アニメは若い世代向けであるが、本作品は娘を亡くした親の気持ちも丁寧に描いている。友達を亡くすことと娘を亡くすことは立場が異なる。安易に皆で一緒に悼むとせずに、友達の立場では痛くなる親の気持ちも描いている。



林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook