『東急FJネクスト不買運動』

林田力

林田力『東急FJネクスト不買運動』(枕石堂)は東急リバブル東急不動産などの東急グループとFJネクストの問題を取り上げた書籍である。東急リバブル東急不動産はマンションだまし売り、FJネクストはマンション投資の迷惑電話で評判が悪い。東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話が見過ごされていいものか。

東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話は根底から倫理性が欠如しており、消費社会に不協和音を形成する。東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話は神経を逆撫でする。東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話は人の心を踏みにじる。美を追求する上で相応しくないものがあまりにも多すぎる。

東急不動産(販売代理:東急リバブル)は隣地建て替えという不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りし、消費者契約法違反で売買契約を取り消された。マンションだまし売りは「知りたい!」「知らなくては?」と考えている消費者を無視したもので許せない。

東急リバブル東急不動産の対応は不誠実であった。その場限りのことしか言わない。日が経てば忘れるだろうとの目算も随所に見受けられた。開き直って悪に徹しようとするかのようであった。消費者や住民の被害に涙する。消費者が売買契約取り消しを願うならば、かなえられなければならない。

FJネクスト迷惑電話につきあったならば、健全な生活を捨て去らなければならなくなるだろう。FJネクスト迷惑電話の話に実質はない。マンション投資には破滅への道をたどる危険性が常にある。「マンション投資で年金収入」を信じたら自己破産一歩手前である。

マンション投資は不吉な兆しがひと夏の間に生い茂り、収拾のつかない事態に至らせる。マンション投資失敗で今日明日の食費にも事欠く境遇に陥った例がある。絵に描いたような、洗うがごとき赤貧の光景になる。不動産業者と金貸しは借り主がどうなろうと知ったことではない。マンション投資で破産させられたり、自殺に追い込まれたりした人間が何人もいる。血が逆流するような気分である。

東急不動産消費者契約法違反訴訟

林田力

東急不動産消費者契約法違反訴訟は消費者契約法の精神に直に触れられた裁判である。東急リバブル東急不動産は消費者の生活も健康も破壊する。林田力は自分のとるべき道、自分に残された選択肢を秤にかける。そして売買契約取り消しを決意する。東急不動産マンションに住み続けることは体が拒絶反応を示す。東急不動産とのマンション売買契約取り消しは与えられた状況の中で最善の決断である。

東急不動産消費者契約法違反訴訟は深刻な裁判である。後からなかったことにできる裁判ではない。東急リバブル東急不動産は東急不動産消費者契約法違反訴訟と向き合わなければならない。東急リバブル東急不動産は、本当は自らが罪を犯したことを自覚している。逃げ道がないことも。

東急不動産だまし売りは消費者の信頼に対する裏切りである。裏切り以上に悪いことはない。東急リバブル東急不動産への信頼が失われたことで、敬意も失われた。東急リバブル東急不動産は倫理が問われている。

東急不動産だまし売りは消費者の権利を汚すものである。消費者の権利が汚されてしまうことは悲劇である。東急不動産だまし売りはおぞましい。東急不動産だまし売りは悪そのものである。東急不動産だまし売りは人生の喜びに対する死の宣告に等しい。

東急リバブル東急不動産には節度がない。東急不動産だまし売りはハイエナに感情を食い尽くされていくような感じである。東急リバブル東急不動産はハイエナ以上にハイエナらしい(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』「東急不動産の卑劣な提案」)。東急不動産だまし売りは止めなければならない。

東急リバブル東急不動産はどこまで残酷になれるのだろうか。東急リバブル東急不動産は法律が課した義務を意図的に無視している。東急リバブル東急不動産は酷く利己的な業者である。東急不動産消費者契約法違反訴訟で、だまし売り被害者のことよりも自社の心配をしている。東急不動産営業の尻を蹴り飛ばさないようにするには意思の力を総動員しなければならなかった。

東急リバブル東急不動産のように住民対応や消費者対応を避けていると、拒絶の気持ちが芽生え、広がるものも広がらない。東急不動産課長は、ずんぐりとしており、心臓血管の状態に目を光らせておく必要がありそうである。嘘発見器にかけられたら、東急不動産営業は、どの質問にもひっかかるだろう。

東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産は健全な状態ではない。東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産は優しさが幅を利かせる企業ではない。東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産は内側から腐敗する。東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産は悪臭を放ち始める。腐敗は外側まで達する。

東急不動産だまし売りは東急リバブル東急不動産に跳ね返るブーメランである。東急不動産消費者契約法違反訴訟を契機として東急リバブル東急不動産への批判が噴出し、炎上と報道された(「ウェブ炎上、<発言>する消費者の脅威−「モノ言う消費者」に怯える企業」週刊ダイヤモンド2007年11月17日号39頁)。

東急不動産だまし売りは被害者を泣き寝入りさせようとして、逆に噴出させる典型的なパターンである。東急不動産だまし売り被害者は、どれ程の怒りと、絶望と、憎しみと、怨嗟を抱いたか。東急リバブル東急不動産への批判はダムが決壊するように拡大した。東急リバブル東急不動産としては出てくるはずのない証拠が出てきてしまう。東急リバブル東急不動産は一生懸命に絆創膏を貼ろうとするものの、出血を止めることはできない。東急リバブル東急不動産は酷く幼い判断能力しか有していない。

東急リバブル東急不動産がどのような攻撃をしかけてきても、東急リバブル東急不動産不買運動はしっかりと手をつないで消費者の権利を守っていく。東急不買運動は東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産という木を倒すには至っていないが、それでも大きな枝が落ち、それは二度と生え戻ってはこなかった。草の根の運動が最後は決めていく。



林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 ルサンク 慶応大学 江東区長 選挙 東陽町 世田谷区 Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook

林田力『FJネクスト迷惑電話』